世界初特許製法の植物性シリカ(ケイ素)

ケイ素製造に特化した工場にて生産

「健康食品(ケイ素)の製造」認定証 ISO9001:2008 と JIS9001:2008 を取得したケイ素製造に特化したマネジメントシステムを有する工場にて生産。
製造工程、生産体制も厳しく管理されたもと安心安全、高品質を維持し製造された製品をお客様のもとへお届けします。

製造委託先 合同会社クレディー食品
宮崎県都城市上川東1-13-8



洗浄後の籾殻国内で育った無農薬米のもみ殻をクエン酸洗浄し、乾燥させます。

植物性ケイ素の燻製籾殻乾燥したもみ殻を高温で燃焼し燻炭を作ります。

植物性ケイ素の元燻炭を低温で長時間二次燃焼することで真っ白なもみ殻灰が出来上がります。

植物性ケイ素濃縮液は特許製法そのもみ殻灰からケイ素のみを取り出し、独自の製法によって溶解して完成したのがケイ素濃縮液です。

植物性ケイ素は工学博士と農学博士の長年にわたる共同研究によって、もみ殻からケイ素の粉末化に成功しました。
もみ殻の粉末化は工学博士・農学博士によって特許技術化されています。

ケイ素の働き

ケイ素はカラダの必須ミネラルで目や手、足、鼻、口、歯、骨、舌、胃、心臓、肺、腸、肝臓、肌、髪、爪など、人間のすべての器官に使われている唯一のミネラルなのです。
健康・美容のミネラルとして欧米では100年以上も前からケイ素水や化粧品の美容成分として利用されています。
カラダの中でも皮膚の含有量が一番多く、肌の保湿・コラーゲンの生成や、血管壁や血液をきれいにするといった健康面での働きもあります。
ケイ素はブドウ糖が 私たちの体の中の60兆個の細胞にきちんと入ってエネルギーに変えてくれる細胞の基本的な働きである糖の代謝機能を助けてくれます。
ケイ素が、各細胞に必要な栄養を届けるカギを持っています。
現代人はケイ素を始め多くのミネラルが不足しており、美容や健康維持には欠かせない成分となってきています。

ケイ素は血管を丈夫にします

ケイ素は優れた浸透力と浄化作用で中性脂肪を分解する力が強く血管の壁に着いたコレステロールや過酸化脂質を取り除いてくれるので血管を強くしてくれます。
過酸化脂質はコレステロールや中性脂肪といった脂質が、活性酸素によって酸化されたもので肌の老化からアルツハイマー病やガンまで、影響はきわめて大きいといわれています。

糖代謝作用

血糖値が高い人に共通してみられるのがミネラル不足といわれています。
ミネラルは野菜に含まれる栄養成分で マンガン・クロム・リン・カリウム・亜鉛などが、インスリンの糖代謝作用を助けます。
こういったミネラル成分がケイ素濃縮液には豊富に含まれています。
さらに、細胞を活性化する力があり、毛細血管を通じて体の隅々まで栄養を届けてくれますので、細胞の基本的な働きである糖の代謝機能を助けてくれます。
これによっても血圧や血糖値の上昇を抑制してくれる働きがあります。

骨に欠かせない栄養素

骨を強くするためにはカルシウムが必要とされていますが、実はカルシウムを効率良く補給させるためには、ケイ素の働きが重要なのです。
「フラミンガム研究」の結果、ケイ素摂取量と骨密度に関連性が認められています。
ケイ素は皮膚や骨、毛髪、爪など身体の様々な部位に存在しており、それらの成長促進や再生を手助けする役割を担っています。

老化の抑止

コラーゲンやヒアルロン酸などの肌の弾力に欠かせない組織を束ねて丈夫にして、保水力をアップする働きがあります。
コラーゲンのあるところには必ず存在するといっても過言ではありません。
老化によるシワやたるみはケイ素不足による影響が多々関連していることがわかってきています。
ケイ素は年齢とともに減りますが継続的に摂取することで肌のハリがよみがえり、たるみやしわが改善され、また保湿力が非常に高く、柔軟性・弾力性を高めてくれます。

なぜケイ素が必要なのか?

年齢別ケイ素濃度 私たちの体に必要な必須ミネラルのケイ素ですが、私たちの体の中では作ることができません。
成人では1日あたり約10~40mgのケイ素が消耗されており、20代をピークに蓄える能力が徐々に低下し、40代を越えると顕著に減っていく一方といわれています。
海藻類、玄米、大豆などケイ素含有量が多い食物ですが、現代の食生活では十分な量が摂取出来ませんので、サプリで補うことが必要といわれています。

植物性ケイ素でも原料の違いで安全性等に差がある(稲・スギナ)

「植物性ケイ素」と聞くだけだと安心感がありますが、「稲由来ケイ素のサプリメント」と、「スギナ由来ケイ素サプリメント」が存在します。
稲由来のケイ素は、水溶性で、可溶化率が他の植物性ケイ素より2倍ほど高く、人体への吸収率の高いことが、海外研究で裏付けられています。
もう一つの植物ケイ素原料のスギナ由来のケイ素は、危険情報が複数あるので注意が必要です。
当店の植物性ケイ素はもちろん稲由来のものを原材料に使用しております。

植物性稲由来の安心・安全なモノで無理なく補給を

特に、稲由来植物性ケイ素濃縮液は人との親和性がとても良く、もみ殻が地中から吸収した豊富な微量栄養素を毛細血管を通じて体の隅々まで届けてくれることから、 各臓器機能や体質を改善し、腸内環境の調節により栄養吸収、排泄物の排出、免疫力がアップし、自然治癒力が上がるものと考えられます。
米・稲由来の水溶性ケイ素は人体に良く吸収されます。
イネ科特有の高い可溶化率がその要因と考えられます。
稲はケイ素が大好きで大変よく吸収します。
稲はケイ素を良く吸収する代表的作物で、イネ科作物は全体にケイ素を良く吸います。
植物が根から吸収するケイ素は、オルトケイ酸(Si(OH)4)という形になっています。
稲に多量に吸収されたオルトケイ酸は、稲の体内では重合し、沈殿して存在しています。
科学的には、非晶(非結晶)質の含水ケイ酸(SiO・nH2O)です。
お米に含まれるケイ素は、少なくとも、果実や野菜よりはるかに人体に吸収されやすいのです。
ケイ素は栄養素などを細胞内に吸収したり、細胞から排出したりする働きを持つ細胞孔を持っています。
稲でケイ素の細胞孔が見つかっているので、稲由来水溶性ケイ素は効果大です。

ケイ素の安全性

ケイ素の安全性ケイ素は、厚労省が定める食品衛生法第11条3項の規定によって、人に対して安全性が高い栄養素であることが証明されています。
さらに、FDA(米国食品医薬品局)による食品添加物の承認をパスしておりますし、ヨーロッパ、特にドイツでは健康素材として欠かせない常備薬にもなっています。

   
購入する