栄養素「ビタミン」に関する知識持っていますか?

人間の健康維持になくてはならない栄養素であるビタミンですが、ミネラルとの関係性などの基礎知識を確認したいと思います。

基本はやはり相乗効果を狙った合わせ技であることは変わりありません。

基本的な食生活を送り不足分をサプリメント等で摂取しマルチに栄養分を働かせるということです。

 

 

タバコとお酒はビタミンを食い散らかす

”百害あって一利なし”とよく言われるタバコですが、たばこ一本吸うごとに体内では薬25mg~100mgのビタミンCが減るとされています。

唯一良い事あるとすれば、「精神衛生のため」にはあるかもってことくらいで、ほぼ良い事はありません。

我慢で強いストレス感じてしまう場合には一利あるということでしょうか。

 

 

また、ビタミンCの消費以外には、タバコの煙は活性酸素を体内で発生させ、大量に吸い込むことによって肺などでは酸化が起こりやすくなります。

当然ですが、この酸化を防止しようと、体内では抗酸化力のあるビタミン(βカロテン、ビタミンC、ビタミンE)が大量に消費されます。

タバコが止めたくてもやめられない人は、消費されてしまうビタミンを積極的にとることが必要です。

 

それともう一つお酒ですが、お酒もビタミン不足につながる理由があります。

お酒に含まれているアルコールは胃や腸で吸収され、その後肝臓で分解されます。

この分解の段階でナイアシンとビタミンB1が大量に消費されてしまうのです。

アルコールの分解で生まれた物質はパントテン酸の活性を阻害します。

そして、アルコールによって肝細胞で増加した過酸化脂質を分解するためにビタミンB2が大量に消費されます。

それからさらに肝臓が、脂肪肝などのアルコール障害を起こすと、ビタミンDを活性化する働きが不十分になります。

このことからもわかるように、アルコールは多くのビタミンを大量に消費させてしまいます。

ビタミンの補充が十分でないと不足ぎみになり、体調を崩したり、病気になってしまったりすることも、お分かりいただけるのかと。。。

心がけ一つですが、お酒を飲む機会が増えたら、ビタミンをしっかり取って体の負担を少しでも減らすよう心がけましょう。

 

ビタミンとミネラルの相関性(抑制と相乗の関係)

ビタミンとミネラルには相性のようなものがあります。

あるビタミンを多くとると別のビタミンが失われたり、

あるビタミンとあるビタミンを一緒に摂ると両方のビタミンの働きが高まったりと相乗効果があるものもあります。

ビタミンAの過剰をB1が抑制します。

つまり、Aを多く摂っていた場合は、B1もしっかり摂っていればAの摂りすぎによる害を抑えるということなります。

以下にビタミン・ミネラルの相関性を記載しておきますので参考にしてください。

 

    • ビタミンAはビタミンCの酸化を抑制
    • ビタミンCはビタミンAと一緒にとると一緒にとるとその活性が最高になります
    • ビタミンDの過剰をビタミンAが抑制
    • ビタミンCはビタミンB群のパワーを20倍にアップします
    • ビタミンCの過剰摂取はビタミンB12と葉酸を消耗させます
    • ビタミンB群のどれかを単独で摂取し続けると体内の他のビタミンB群を大きく減少させます(B群は8種類ありますがバランスよくとる必要があります)
    • ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取すると酸化しても還元されるので、再び活性します
    • ビタミンAは、セレニウム吸収を促進し、鉄分の活性を強化します
    • ビタミンB6は亜鉛の吸収を促進
    • 葉酸は鉄分の吸収を促進します
    • ビタミンEはセレニウムの活性を促進します
    • ビタミンCはセレニウム・鉄分の吸収を促進し、有害なアルミニウムを排泄します
    • ビタミンDはカルシウムの吸収を促進します
    • ビタミンKはカルシウムの活性を促進します
    • 鉄の摂りすぎはビタミンEの働きを帳消しにします

 

上記のことからもわかるようにビタミンをはじめ栄養素は、単独でではなく合わせて摂ることで効率よく働きます。

「栄養はバランスよく」といわれているのはそのためです。

ビタミンも可能な限り13種類すべて補えるように心がけることが大切です。

食事でとりきれない栄養素をサプリメントで補う必要があるのはこのことからもわかると思います。

ケイ素ももちろん不足気味なのは補う必要がありますが、やはりトータルバランスが大切なので、バランスのとれた食事に加えて取り入れることが重要なんです。