飲むエイジングケア話題のシリカサプリはどうして濃縮液がおすすめ?

「水溶性ケイ素」

「水溶性シリカ」

鉱物由来、植物由来、石英原料、米のもみ殻原料、スギナ原料など様々な「ケイ素」「シリカ」と呼ばれるサプリメントまたは濃縮液があります。

まずは、呼び名がシリカ、ケイ素と統一されているわけではないので迷ってしまう方もいるかと思います。

詳しく説明するとやや長くなるのでスルーして説明すると、

呼び名を変えているだけの話で、サプリメントに限っては「ケイ素」=「シリカ」という解釈でOKではないかと思います。

そしてもう一つ迷ってしまうだろうことに「鉱物由来」「植物由来」の二つがあります。

よく言われているのが、「鉱物由来」結晶性ケイ素で「発ガン性あり」などと言っておりますが、

これは、間違いではないのですが、あくまでも結晶性のものの話。

サプリメントまたは濃縮液で発売されている物は、間違いなく水溶性ケイ素であるため

発ガン性であるわけもなく経口摂取に関しては、安全です。

まあそうはいっても、僕自身は植物由来の水溶性のケイ素を原材料にした製品を世の中に発売させていただいているので、

やはり植物性のいいところが、鉱物性にはない特徴になっていることでおすすめしているわけです。

それに加えてロイヤルべジリカの原材料である水溶性稲由来ケイ素(シリカ)は厳しい残留農薬試験、放射線検査をはじめ、多様な安全性検査にも合格しております。

健康補助食品ですので、やはり安全性には厳しく確実な物を提供しなければなりません。

稲由来植物性のケイ素(シリカ)の特徴としては以下の3点が大きな特徴となります。

 

■ 鉱物性に比べ吸収力がいい(分子量が小さいことと親和性が高い)

■ 稲(お米)のもみ殻が非常に日本人になじみがある(もちろん無農薬米です)

■ WHOが安全であると認めている

 

簡単にはこんなところなんですが、

もみ殻原料の場合、ロイヤルべジリカですが、ケイ素意外に他の植物由来のミネラルが入っており、微量ではございますが体にいい影響がありそうだ!なんてこともあります。

あくまでも主となっているのはケイ素なので他の水溶性ケイ素と効果や効能は変わりがないと思うのですが、他のミネラルを含んでいる分、合わせ技ありといったところでしょうか?

さらに相乗効果が期待できるビタミンと酵素は、別でお取りいただくか

毎日の食生活でカバーしていただきたいと・・・

肝心な摂取しにくいケイ素補給は、濃縮タイプで簡単にほぼ摂れます。

 

で・・・

 

このケイ素サプリ、シリカサプリ以外に世にはシリカウォーターとかケイ素水と呼ばれるケイ素がたくさん含まれている地方の天然水も発売されています。

まあ普段のミネラルウォーターを変えるだけで、ケイ素補給できるので非常に人気あるようです。

一日分推奨量40mg程度摂るためには結構な量を飲まないといけないようですが、たくさん水を飲む習慣のある方、常にお料理にもシリカ水使う方ならばそちらでもいいように思いますが・・・

最終コストは、濃縮タイプのほうがパフォーマンスいいのではないでしょうか?

濃縮液タイプの場合は、浄水ポット使用ならば、浄水後ポットに入れておくとか

毎食時に、何かしらで水分等を飲まれると思いますので、そのタイミングでなら一日確実に3回に分けて飲めますし・・・

ケイ素は一度に摂取しても飽和状態ですと即排泄ですので、効率が悪いこともあります。

シリカウォーターは、話題だった水素水のように時間がたつとケイ素が抜けてしまうとか、そういったことはないのでライフスタイルに合わせた飲み方ができるよう選んだらいいと思いますね。

濃縮タイプの場合飲み方にバリエーションが作れます。

特に、相乗効果が期待できる栄養素との摂取が一番だと思いますのでいろいろお試ししていただければと思っております。

 

例えば・・・

 

王道のスムージーw

今やコンビニでも大人気のスムージーですが

飲むタイミングは、夜がおすすめです。。。

詳しくは、ググってくださいw

きちんとした理由がありますので。。。

 

トマトジュースもいろんな効能がある飲み物で美肌効果についてはケイ素との相性がいいようです。

 

 

ケイ素は、発酵食品との相性は素晴らしくよく、日本人であればほぼ一日一杯は飲んでいるのではないでしょうか?

やはり抗酸化力、活性酸素除去に有効で手軽に取れる最高の飲み物ではないでしょうか?

 

健康のため肌年齢アップの美肌維持など地味に裏方的に活躍する水溶性ケイ素!!

アンチエイジングにとりいれてみてはどうでしょうか?