老化(エイジング)の二大原因は糖化と酸化

老化・・・いやな響きの言葉です。

いろいろ原因はあるのですが、やはり大きい原因は二つ

「糖化」と「酸化」ではないでしょうか?

この二つの原因の対策を気をつければ、健康、美肌などの見た目健康美にも影響が大きくなるということです。。。

老化の原因の一つは糖化

肉体や肌の老化の原因の一つは酸化です。

この酸化については古くから皆さんご存知だと思います。

しかし、肌の老化(シミ、シワ、たるみ)や肉体の老化を促進する原因に「糖化」という現象があることが分かったのは意外と最近でしょうか。。。

老化対策として抗酸化と同様に注目されているのが「抗糖化」です。

この糖化というのは、体内のたんぱく質が食事によって摂取された「糖」と結びつき、「糖化したたんぱく質」が生成され、それが体内に蓄積してしまうことをいいます。

糖化が進行すると、肌を老化させ、さらには糖尿病などにつながることもあります。

甘いものの摂り過ぎはダイエットの敵!どころか、老化の敵!であったのです。

糖とたんぱく質が体内で結びつき、劣化したたんぱく質に変性する、この糖化反応は肌にも体にもいろいろな影響を及ぼします。

反応自体は日常的に体の中で繰り返されているのですが、糖化が進み、体内にAGEs(最終糖化生成物)という劣化したたんぱく質が蓄積され続けると、肌や肉体、血管までも老化していくのです。

糖化による肌への影響は、キメが粗くなる、シワ、くすみが増えるなどです。

肌のターンオーバーの周期も延びて、新陳代謝が低下し肌の老化を強く感じるようになります。

肌が糖化すると、コラーゲン線維の弾力が低下して肌のハリがなくなり、たるみが起きやすくなります。

そうすると、シワになりやすくなり、肌のくすみも生じます。

コラーゲンの生成と強化も大切ですが、せっかく生成されても糖化のスピードに追い付いていかないと、やはり肌への影響が大きくなります。

さらには、髪にも影響が出ることがあり、糖化によって髪のコシやツヤがなくなってくるのです。

酸化のことは「身体がサビる」と表現していますが、糖化は「身体がコゲる」と表現するとわかりやすいですね。

糖化した組織は褐色に変化していくので、それがコゲるように見えるからです。

糖化反応とは、糖、たんぱく質、熱の三つの要素によって起こる化学反応なんです。

 

上のイメージが分かりやすいと思います。

まあ少し極端ではありますが・・・

 

糖化反応が起きると、肌は黄ばみます。

これは肌の「黄ぐすみ」といわれている現象です。

若い時は透明感があって色白だった美肌の持ち主でも年齢とともに糖化が進めば肌は次第にくすみ、顔色が悪くみえてしまします。

糖化が進むと、スキンケアで美白化粧品をいくら使っても、元の肌色には戻りません。

一度糖と結合したたんぱく質は、元の状態には戻らないため、肌の糖化は予防することしかできません。

さらに糖化の怖いところは、どこよりも早く、真っ先に糖化される組織はコラーゲンであることが分かっています。

コラーゲンは糖化されやすく、糖化されたコラーゲンは古いコラーゲンとして処理されてしまうため、新しいコラーゲンであってもどんどん分解されてしまうそうです。

つまりは、甘いものや炭水化物を食べるほどコラーゲンは減少しシワやたるみが増えることになります。

糖化の悪影響は骨にも関係します。

骨の構成物質は、カルシウムが半分、残りの半分はコラーゲンですが、骨のコラーゲンも例外ではなく糖化します。

骨に最終糖化生成物が蓄積すると、骨のしなやかさが失われ、骨がもろくなったり、骨が新しく生まれ変わるための代謝を抑制したりします。

つまり骨密度の低下、骨形成の低下をおこし、骨折しやすい弱い骨になってしまいます。

糖化は様々な病気に関連しています。

糖化が関連している病気は、糖尿病、角膜変性、白内障、網膜症、動脈硬化による狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などがあります。

ではさんざん糖化に関して記述しましたので、糖化対策に有効とされる情報を少し・・・

アルギニンの摂取です。

アルギニンには糖化抑制の働きがあることが確認されています。

アルギニン配合のサプリメントなどが有効です。

また、紫菊花と椿の種子にも抗糖化作用があります。

これらも通常の食品ではないのでサプリメントまたは美容ドリンクなどで摂取するしかありませんね。。。

αーリポ酸も期待が持てるようです。

αーリポ酸は糖化を防ぐだけでなく、糖化組織改善の期待が持たれている成分です。

体内でもつくられていますが、非常に微量なため、これもサプリメント摂取が基本となりそうです。

糖化は老化の大きな原因となるので、健康面、美容面ともに、しっかりとした対策が必要になるのです。

もう一つの老化原因は酸化

人体を酸化させ、老化に導く原因物質は「活性酸素」です。

「活性酸素」や「抗酸化」という言葉は、頻繁に耳にするのではないでしょうか?

人体で発生する活性酸素は、遺伝子を傷つける厄介な存在です。

人間は、呼吸をして、酸素を取り入れ、生存エネルギーを得ています。

食事によって摂取した糖質やたんぱく質などを、酵素の力を利用しながら酸化反応させて、最終的に二酸化炭素と水にまで分解してエネルギーに変えています。

活性酸素が大量に発生する場所は、細胞内のミトコンドリアです。

ミトコンドリアは細胞エネルギー生産工場ともいえる場所で、ミトコンドリア内で大量の酸素が消費されると、活性酸素も多く発生することになります。

活性酸素によって遺伝子が傷つけられ、遺伝子情報に誤りが生じると、異質な細胞が生まれます。

その異質な細胞がどんどん増えて、歯止めがかからなくなった状態が「ガン」です。

発ガン性物質というのは、その多くが活性酸素の発生源なんです。

遺伝子を直接傷つけるものもありますが、多くの場合は、発がん性物質が作る活性酸素が遺伝子に傷をつける要因となっています。

糖化と酸化は老化現象に深くかかわっています。

栄養の取り方や生活習慣等でも意外と抑制できるものです。

健康で美しい肌のためにできること今からでも遅くないので始めてみてはどうでしょうか?