美肌のためのオススメ生活習慣

美肌のために栄養面で食事に気をつける以上に大切なのが、睡眠とストレス解消です。

睡眠不足は、まちがいなく肌に悪影響を与えて、ストレスは体のいろいろなところで障害をもたらします。

忙しい毎日の中で自分でも気づかないうちに、睡眠不足だったり、ストレスがたまっているものです。

急に肌荒れが気になったり不思議に思った時は、まず睡眠とストレスが原因だったりします。

美肌の敵・睡眠不足

特に社会人にありがちな、平日は5~6時間ぐらいの睡眠で、週末に寝だめするという不規則な生活です。

もっと少ない人もいるでしょうし、週末も仕事という人も・・・

睡眠は、思っている以上に体に大きな影響を与えます。

1日や2日偏食してしまっても、翌日に体がダルいということはあまりありません。

ですが、1日寝不足の場合、次の日は体がダルいものですし、肌にも悪影響を感じたりするものです。

美肌のためには1日6時間は睡眠を取りたい

人間は起きて活動している間、血液のほとんどが脳に集まります。

そのため、昼間は肌に血がまわりにくいのです。

逆に寝ている時は、脳に血液をまわす必要が少ないため、肌に十分な血液と一緒に栄養が流れることで肌の再生が行われます。

個人差はありますが、睡眠に入って約3時間以内に成長ホルモンが分泌され、細胞分裂が始まるそうです。

寝だめは美肌のためにならない

肌の再生は毎晩行われることが大切なので、週末だけどれだけ長い時間寝ても、体の疲れはとれるかもしれませんが、肌の再生のためにはなりにくいのです。

午後10時~午前2時まで睡眠をとると美肌にいい言われていますが、実際には、午後10時に寝るというのはなかなか難しいですよね。

できるだけ早めに寝るという程度でもいいので、頑張ってみましょう。

規則的な睡眠をとる

寝る時間が日によって変わるのも美肌にはよくないのです。

人間の体には体内時計という、生活のリズムを刻む機能があり、規則正しい生活だとこれが正常に機能し、成長ホルモンの分泌もスムーズに行われます。

毎日寝る時間が一定でないと、この体内時計がうまく働かず、ホルモンの分泌に支障をきたし、肌荒れの原因になるとも言われています。

深い睡眠をは美肌のためになる

肌再生のための成長ホルモンは、眠りについてから3時間以内に分泌されますが、この時間の睡眠が深いものであればあるほど、美肌にはいい効果があります。

寝る1時間前ぐらいから部屋を暗くしておくと、睡眠に入りやすいといわれます。

テレビや音楽などを寝るまでつけっぱなしは避けてできるだけ部屋を暗くして寝るのがおすすめです。

ストレスは美肌の天敵

 

ストレスはその人の弱い部分に何らかの症状で現れやすいといわれています。

胃腸を壊す人もいれば、肌が荒れてしまう人もいます。

ストレスは体内に活性酸素を発生させるのです。

肌の活性酸素は、普段エネルギーを使うことによって、どうしてもできてしまうのですが、ストレスがあるとさらに多く生成されます。

活性酸素は、肌の老化を招き、免疫力を下げることから、にきびなどの吹き出物ができやすくなったり、治りにくくなったり、悪化しやすくなったりします。

さらにホルモンバランスが崩れ、生理前の肌荒れがひどくなったり、睡眠を妨げたりするので、美肌にとってストレスは悪なのです。

仕事がストレスの大半を占めている

仕事をするようになって肌荒れがひどくなったという人も多いと思います。

メイクをするようになったからだと思うかもしれませんが、大半はストレスによるものです。

仕事をやめたら、肌荒れが治まったという例もよくありますが、実際のところ、寿退社でもしない限りなかなか難しく、結婚したあともまた新たなストレスが生まれる場合もあります。

ストレス解消の方法を見つける

よっぽど恵まれた生活でない限り、ストレスがない生活を送るというのは考えにくいです。

ストレスを解消する方法を考えてみましょう。。。

まじめな性格で、些細なことで悩んでしまうことが多い人は、ある程度適当でOKだという考えを持が大事です。

何か趣味を持って、休日はそのために時間を作るようにするのもいいでしょう。

適度に体を動かしたり、自分が楽しいと思えることを積極的にやっていき、笑って過ごすことを目指しましょう。