美肌のために必要な食生活と栄養素

健やかな美肌のためのスキンケアやエイジングケアなど・・・

毎日欠かさずスキンケアをしていても美肌どころか、なかなか肌荒れが治らない、乾燥肌が改善しない、大人ニキビや吹き出物ができてしまうなど、お肌のトラブルに悩まされることがありますよね?

 

 

お肌の状態は、体の健康状態と関係があるため、健康でないとお肌も健やかな状態を保つことができないのです。

つまり、外側からのスキンケアだけでなく、体の内側からのケアが美肌づくりには不可欠です。

体のインナーケアとしては、食事や睡眠、運動などがありますが、中でも栄養を補給するための食事は、美肌と大きな関わりを持っています。

美肌にもっとも影響力のある食事について、どのような食生活がお肌にとって良いのか、何をどう食べれば美肌効果が期待できるかなど気になりますね・・・

エイジングケアの化粧品の効果をさらに高めて相乗効果で美肌を手に入れるための食事や栄養について考えてみたいと思います。

 

美肌に最も大切な食生活と栄養素

 

食事から摂る栄養こそが、健康な体や美しいお肌の材料になります。

間違った食生活をしていたり、栄養が偏っていたりすると、健康な素肌や美肌になるのには程遠いのです。

これ重要なんですが、栄養素は単独で作用するものではないため、美肌のためにはバランスよく摂取しなければなりません。

ビタミンを意識してサラダばかり食べていても、美肌になれるわけではないのです。

食事から必要な栄養素をバランスよく摂り、その栄養が体の中できちんと働いてくれると美肌への効果が現れてきます。

栄養バランスの良い食事

美肌のための栄養素は

■血液や筋肉、お肌や髪、ホルモンなど、体の主原料となるたんぱく質

■脳や体にとっての主要なエネルギー源になる炭水化物

■脳の機能を正常にし、細胞膜の形成や体温保持のはたらきを担う脂質

の3大栄養素と言われるものと、

■人間の生命維持に必要な補酵素としてはたらき、3大栄養素の代謝にも関わるビタミン

■3大栄養素のはたらきをサポートし、体とお肌の機能を正常に保つミネラル

■腸のはたらきを活発にして、摂取した栄養の吸収をスムーズにする食物繊維

などの副栄養素があります。

上記の栄養素をバランスよく摂ることが、健康な体づくり、美肌づくりになるのです。

 

ダイエットのために極端なカロリー制限をしたり、忙しいさから手軽な炭水化物メニューばかり食べるなど、食生活が偏ると必要な栄養素が不足し、肌の老化を進めることになります。

なので、毎日の食事にどれだけ気をつけるかで、肌年齢は大きく変わってくるのです。

若々しい美肌の基本は、バランス良い食事をとる事です。

美肌と腸の関係

美肌づくりのために大切な栄養を取り込むのは腸です。

食事で摂取した栄養をしっかり吸収するためには、腸内環境を良好に保っておくことが大切です。

腸内環境を整えて美肌に

女性に多い便秘ですが、お肌にさまざまなトラブルが現れ美肌から遠ざかる原因のひとつです。

便秘によるお肌のトラブルは、便がいつまでも溜まることで、腸の中で便が腐敗し、腸内細菌の中でも悪玉菌が増加し、有害物質が発生することが原因のひとつといわれています。

この有害物質は腸から吸収され、血液中に溶け込み、全身をめぐります。

この毒素が体の基礎代謝や免疫力を低下させ、ニキビの原因菌に感染しやすくなったりと、お肌に悪影響を与えます。

美肌になるには、食事に含まれるたんぱく質やビタミン、ミネラルなどがしっかり働くことが必要です。

こうした栄養素も腸が健康でないと吸収されにくいのです。

必要な栄養が行き渡らず、肌細胞が栄養不足になると、お肌のターンオーバーの周期が乱れ、くすみや乾燥肌の原因にもなります。

お肌を健やかに美肌を保つためにも、ふだんの食事や生活習慣を見直し、腸内細菌のバランスを善玉菌優勢の状態になるように、腸にやさしい食事や生活を心がけることが大切です。

加齢とともに腸の老化も進み、腸内細菌のバランスも悪玉菌優勢になりがちに・・・

いつまでも健康で、お肌も若々しくあるためには、腸内環境を整え、腸も若く保つことが重要ですね。

エイジングケアの化粧品も食生活で実感アップ

 

スキンケアやエイジングケアの基本は「保湿」

きちんと保湿ケアをすることで、水分、油分のバランスの整った健やかな美肌がキープできます。

人間のお肌には、もともとセラミドに代表されるようなうるおいを守る保湿物質があり、この保湿物質の量が保たれ、正常に働くことによって、肌はきちんとうるおいを蓄えることができます。

加齢によってターンオーバーの周期が乱れたり、バリア機能が低下すると、乾燥やくすみ、ごわつき(角質肥厚)などのお肌のトラブルが現れる原因になります。

さらには、紫外線の影響も受けやすくなり、お肌の老化が進行してしまいます。

低下した肌機能をアップして美肌を保つために、欠かせないのが、正しい保湿ケアなんです。

正しい保湿ケアとは、化粧水で水分を与えるのはもちろんですが、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分配合のエイジングケア化粧品でお肌の保水力を高めることです。

皮膚を乾燥させないためにも油分でフタをすることも美肌づくりには大切。

美肌のための外側からのケアをサポートするのが、食事によるインナーケアです。

皮膚のターンオーバーの乱れは、たんぱく質が豊富でバランスの良い食事をすることで、周期を正常化することができます。

それに加えて、DHA・EPAなどの良質の必須脂肪酸を含む魚介類を積極的に食事に取り入れることで、体の内側から潤いをサポートして美肌へと導くこともできるのです。

インナーケアで肌のベースを上げておけば、化粧品のお手入れとの相乗効果で美肌を実感できる期待度もアップしますね。

話が長くなりましたが、食事から摂取する栄養が、体やお肌をつくります。

健康な体や美肌のためには、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、バランスよく栄養素を摂取することが重要です。

そして、摂取した栄養素をしっかり吸収して体の中で働かせるためには、便秘に気をつけるなど、腸内環境も併せて整えておくこともポイントになります。

食事からの栄養素が偏りがち、または足りてない方は、サプリメントなどの栄養補助食品をうまく活用して美肌のために頑張りましょう。