稲由来植物性のロイヤルべジリカ

BEAUTIFY ブランドの水溶性ケイ素サプリメント「ロイヤルべジリカ」の特徴など・・・

原材料

原材料は三重県産の無農薬の稲のもみ殻です。

鉱物由来の水溶性ケイ素は、水晶を原料に複雑な製法を使いケイ素を抽出しています。

植物性であるロイヤルべジリカのケイ素は、お米のもみ殻から特許製法にてケイ素を抽出しております。

基本的なことですが、残留農薬試験、放射線検査をはじめ、多様な安全性検査にも合格しております。

製品の品質に関しては、ISO取得の専門工場にて厳しい品質管理の元製造されております。

 

鉱物由来も植物由来も水溶性でケイ素としては変わりはありませんw

 

植物性は、後発品で鉱物性のものより歴史は短いですが、

イネ科の植物はケイ素を好み地中よりよく吸い上げると聞いております。

そして人間の体によくなじみ、吸収力がいいです。

もともとケイ素そのもは、水溶性でも取り入れたものすべてが吸収されるとは限らず

そのまま吸収されずにスルーし、排泄されることもあります。

なので、少しでも吸収力がよく、体との親和性の高い植物性のほうがいいということもあり

ロイヤルべジリカでは、植物性のケイ素を原材料として採用しました。。。

今現在、化粧品の原材料としての植物性ケイ素も鉱物性の物から変更しているメーカー増えてきていると聞いております。

鉱物由来の水溶性ケイ素は、販売の歴史が長いので今現在はケイ素市場ではメジャーですが、稲由来の植物性ケイ素もジワジワ来ているようですw

 

ケイ素としての効果

水溶性ケイ素としての効能は、どちらも変わりなく、

腸より吸収され、血中に入り全身にいきわたりいい仕事をします。

毛細血管にて末端の細胞にしっかり届き、他の栄養素を運び、いらないものを持ち帰り、排泄されますw

栄養素としての体内での動態が確認されており、きちんと働いています。

美容面での効果は、やはり末端細胞の代謝がよくなることで、皮膚、爪、髪に良いとされています。

やはり、コラーゲンとの関係が美容面には大きく働いているようです。

髪に関しても、毛髪そのものはケラチンですが、頭皮にある髪を作る場所は、コラーゲンが重要とされています。

もちろん爪も同様です。

肌については、28日周期でのターンオーバーということもあり

非常にコラーゲンの強化はプラスとなりますw

 

飲用方法など

 

ロイヤルべジリカは一回2ml程度をコップ一杯の水に入れて3回程度に分けて飲用することをおススメしております。

一気に一日分(4,5ml~6ml)を飲用されてもいいのですが、常に体内のケイ素を十分にするために、数回に分けての飲用のほうがいいように思えます。

飽和状態になると、そのまま排泄となるため効率が悪いと思われます。

まあいちいち飲む際に入れるのが面倒という方は、朝一日分の水に入れておいて、それをバランスよく飲むという方法がいいと思います。

ここで注意ですが・・・

原液でのご飲用はおやめください。

まず非常に味が不味いと思われます。

100mlに対して2ml程度までならほぼ味、風味損なうことはありません。

それより濃いと、人によっては、風味が変わり気になるようです。

炭酸や味の濃いものでしたら、ほとんどわからないですw

おススメは・・・

やはり他の栄養の吸収を助けますので、

トマトジュースや各種スムージーなどとの相性は抜群です。。。

ぜひお試しください。

 

他の応用

 

やはり、化粧水や保湿クリームに混ぜてお使いいただくことが効果的です。

その際は、目安5%なので、ほんとに一滴とかで十分です。

肌への美容成分の浸透を助け、コラーゲンを外側から強化してくれます。

なんかこうス~っとなじみ入ってく感じがするんですねw(気のせいかもしれないですがw)

自分で試してみた感覚なんで・・・

 

実際に吸収力が上がることは確認できているようです。

高級化粧品に含まれている、シラノール的な感じかと思われますw

 

後はですね・・・

ちょっと濃いめにロイヤルべジリカを入れた水に野菜をつけておくと

なぜか野菜の風味が強くなりおいしくなる感じがします。

シソの葉とかでお試しいただくと、水だけに浸しておいたものと比べると香りと味が強くなりおいしくなります。

これは、なんでかわかりかねますが、ミネラル系の濃い水溶液を使うと確認できますね。。。

 

いろいろ使い方ありますが、基本は一日数回に分けて

お飲物に混ぜて飲用することが基本となります。