健康的な美爪のためにできること

いつもは気にならなくても、ネイルオフしたときにふと気づく爪の状態・・・

結構外的刺激に敏感になってないですか???

自爪が薄くなっていたり、割れやすくなってたりしているとすごく残念な気持ちになりますね。。。

応急的なケアも大切ですが、栄養に気を使って新たに生えてくる爪に対してアプローチすることも検討してみましょう。

 

 

爪の健康を維持するために、栄養素を意識して食事をすることはとても大切です。

爪のためにって感じでないにしろ「バランスのいい」食事を心がけていれば問題はないのですが、毎日の小さな積み重ねなので頑張ってみましょうw

 

必須栄養素は、たんぱく質 ・ミネラル類・ビタミン類

爪は肌の延長線であり、主成分はケラチンです。

爪のケラチンは、細胞骨格を構成するたんぱく質のひとつで、硬質ケラチンという特殊なケラチンのひとつなのです。

そのケラチンの中に、多く含まれるシスチンというたんぱく質由来の成分によって鎖状に結合し、組成されています。

まずは良質なたんぱく質を摂ることに気をつけてシスチンを補いましょう。

良質なタンパク質は、大豆や小麦に多く含まれています。

ちょっと気にすれば、比較的楽にとることができますね。

次に重要なのはミネラル類。

不足すると爪の形状に影響がでてきます。

その他に、ビタミンA ビタミンB ビタミンC ビタミンD ビタミンH も健康な爪に必要な栄養素といえます。

やはり、ビタミンとミネラル類は外せない栄養素です。

ミネラル類

鉄・・・ 鉄分の不足は、爪の反り返る原因にもなります。

亜鉛・・・たんぱく質の合成に必要となるため、不足すると爪の形成に影響します。現代人の亜鉛不足は良く指摘されています。

カルシウム・マグネシウム・・・ビタミンDと共に取ると吸収が良くなります。爪の成分ではありませんが、間接的に影響してきます。

ケイ素・・・爪を作る組織に働きコラーゲンを強化します。健全なコラーゲンがないと健康な爪は作られません。不足すると結合組織が弱くなって爪がもろくなりやすくなります。

ビタミン類

爪の組織は絶えず成長を続けているので、常に多くの栄養素を必要としています。

ビタミン類は爪の成長を助けるために重要になってきます。

ビタミンA ・・・薄い爪を硬く丈夫にするのに必要

ビタミンB2・・・細胞の再生や成長を促進し、新陳代謝を活発にします。

ビタミンB6・・・ビタミンB6はシスチンを生成するのに必要不可欠な栄養素。

ビタミンB7・・・爪の細胞の成長を活発にし強くします。

ビタミンC・・・丈夫でつやのある健康な爪にするには、ビタミンCの摂取が必要です。ビタミンCは、体内で自ら生成する事ができないので、積極的に取り入れる様にします。

ビタミンD・・・ カルシウムやリンの吸収力をアップ

 

そして、爪のためだけではありませんが、水分摂取も大切なポイントになります。

人間のカラダの60%~75%は水でできていることから、体内に毒素を溜め込まないためにも、体内の循環を良くするためにも『水』を多く摂ることも大切なんです。

1日2.5リットル程度は摂れるといいのですが、一日の食事の際に含まれている量も考えても意識はした方がいいと思いますね。

外側からのケアはもちろんですが、栄養面等インナーケアにも気を使って、健康で美しい爪を手に入れるために意識してみてはどうでしょうか。。。