爪を強く保つためにできること

爪とは何でしょうか?

 

いきなりでごめんなさいw

多くの方が勘違いしているようですが爪は骨ではありません。

皮膚の一部で、皮膚が固く角質化したもので、主成分はタンパク質です。

だからといって牛乳を飲めば爪が強くなるというのも、間違いではないですが、それだけではあまり効果は期待できないのです。

 

爪を強くするためには、なにをしたらいいのか考えてみましょうw

 

爪を強くする方法と手順

 

爪は一日に0.1ミリほど伸びますから、1ヶ月にすると約3ミリ、半年もすればすべて生え変わります。

今爪が弱いとしても、今から気をつけて体質を改善すれば、半年後には固い爪にすることが可能。

まずは今弱い爪を補強することと同時に、爪を強くするために必要な栄養素をとって、強い爪を育てることを考えましょう。

 

爪を人工的に強くする方法

人工的に強くするということは、爪に限ってはどんどんやるべきだと思います。

爪の目的と働きは、指先の保護であり爪が弱いと、指先の作業に支障をきたすばかりでなく、指先を怪我してしまうこともあるからです。

爪は角質化した皮膚であり、死滅細胞であることから、そのものが人工物と同じようなものなのです。

爪が弱いのであれば、体内から強くする方法も大切ですが、即効性が期待できる、人工的な方法も積極的に使って、爪を補強し指先を保護しましょう。

簡単対処法にはベースコートを塗ることです。

間違ってもトップコートを塗らないようにしましょう。

ベースコートは、爪に強力な保護膜をつけます。

ベースコートを塗ることで、その上にジェルネイルといった付け爪を、何度もつけたり剥がしたりすることを可能にします。

 

爪を強くするための日常の手入れと習慣

爪への保湿は効果大ですからすぐにやりましょう

爪は角質化という、死滅細胞ですが、乾燥するとさらに強度が弱くなります。

皮膚を保湿するハンドクリームなどでも十分ですが、爪専門の保湿剤「キューティクルオイル」を使うのもいいでしょう。

このキューティクルオイルですが、こだわらないのであれば、百均でも手に入りますねw

この時オイルやクリームにケイ素を少し加えてやると浸透力が上がりおススメです。

 

生えてくる爪を体内から強くする方法

新たに生えてくる爪を強くするには、爪に必要な栄養素を充分に摂る必要があります。

爪を作るのに必要な栄養素を補給するようにしてみてください。

タンパク質、ビタミン、ビチオン、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛などのミネラルなど・・・

インスタント食品ばかり食べている人は鉄、マグネシウム、亜鉛などのミネラルが不足しやすい

お酒をたくさん飲む人は、亜鉛が不足しやすい

末端の皮膚にコラーゲンが十分に足りていると、丈夫な爪が作りやすいのでコラーゲンを強化したりする働きのあるミネラルであるケイ素を取り入れるのも有効かもしれません。

実際に、僕の爪は水溶性ケイ素(ロイヤルべジリカ)飲みだしてから、無駄に強くなりグイグイ伸びていますwwww

爪切る頻度がすごくてちょっと微妙なんですが、水仕事も多いのでふやけても割れなくなりました。。。