便秘と肌荒れ

便秘が肌にも悪影響を与えることはご存知だとおもいます。

肌と腸内環境は大きく関係していて、様々なトラブルの原因になっています。

便秘は早く解消することが難しいのですが、腸内環境からきている肌荒れの解消方法について・・・

 

便秘で肌荒れがひどくなる

 

 

便秘が解消されず悩んでいるという方で、肌荒れもひどいという方はいると思います。

便秘と肌荒れは大きく関係していて、便秘が原因で起こる肌トラブルについてかんがえてみました。

 

便秘と肌の関係

便秘と肌は関係ないように見えてしまうのですが、実は大きく関係しています。

肌は内臓を映す鏡と言われることがあるように、腸内環境が悪いと肌にも影響が目に見えて出てきます。

活性酸素の増加による肌の汚れの蓄積

人間の体にはもともと老廃物を排出するデトックス機能が備わっています。

毎日食事をしたり、生活する中で、体の栄養素として使われなかった老廃物を含めて、排出するのが便なのはわかりますね。

しかし便秘になってしまうと、この便が腸内に長い時間留まることになり、悪玉菌が働き便を毒素へと変えてしまうのです。

腸内のバランスは善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる、3つの菌のバランスが保たれることによって正常に機能していきます。

便秘になる原因はこの菌のバランスが崩れ、悪玉菌の量が増えることにより起こります。

悪玉菌が毒素を出すことで、今度は毒素を消すために活性酸素を発生します。

活性酸素は毒素を減らす仕事をしますが、同時に体の細胞を傷つけます。

毒素は腸内だけでなく全身に回るため、体全体で活性酸素が発生、それにより肌の細胞は酸化します。

酸化した肌細胞は栄養分を取り入れたり老廃物を排出したりする機能が低下してしまいます。

そのため、肌の汚れを外へと排出することが出来ずに、肌に蓄積されていくことになります。

蓄積された肌の汚れは、ニキビの原因やシミの原因になるなど、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。

自律神経の乱れによる肌の新陳代謝の低下

自律神経の乱れは、便秘にも肌にも大きく影響を及ぼします。

自律神経とは24時間働き続けている神経で、自分の意思では指示することができない器官を働かせることが目的の神経です。

ストレスや睡眠不足により自律神経は乱れがちになるので、胃腸などの消化活動が行われる副交感神経の働きが鈍くなることで、便秘の原因になるとも言われています。

また便秘の中には、血流が悪くなることで自律神経の乱れを引き起こしてしまう場合もあります。

自律神経が原因で便秘が起こる場合と、便秘が原因で自律神経が乱れる場合があるのです。

自律神経と便秘の関係は、とても深いものがあるということです。

この自律神経の中の副交感神経は、体をリラックスさせたり、回復へと向かわせる大切な働きをしていますが、働きが鈍くなると、肌を回復させるために大切な睡眠の質を低下させる恐れがあります。

睡眠不足などが起こると、寝ている時に行われる肌のターンオーバーが影響が出てきます。

肌のターンオーバーが行われなくなると、肌は新しく生まれ変わることが出来にくくなり肌トラブルが起こりやすくなります。

便秘で起こる大人の肌トラブル

乾燥
肌の色のくすみ
かゆみ
肌の老化
湿疹
にきび

便秘による肌トラブルには、上記のものが多くあります。

肌細胞が衰えたことによりバリア機能が低下して、乾燥やかゆみ、湿疹の原因になり、肌のターンオーバーが正常でなくなると、肌を若々しく保つために必要なコラーゲンなどが作り出されにくくなります。

それらが原因で肌の老化を引き起こすことが考えられます。

ターンオーバーが乱れると肌に汚れが溜まってしまい肌のくすみが気になるようになることもあります。

便秘になるということは、肌にとって悪い影響を及ぼすことが考えられるのです。

さて、便秘解消には、食生活を改善することも非常に大切です。

普段栄養バランスを気にしていない場合には、栄養不足が影響していることもあります。

便秘解消に効果があると言われる栄養素は積極的に摂るように心がけましょう。

食物繊維を摂る

便秘に効果がある栄養素として、食物繊維は有名です。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、どちらもバランスよく摂取することによって便秘の解消に役立ちます。

水溶性食物繊維は、昆布、わかめ、こんにゃく、果物などに含まれています。

腸内の善玉菌のエサとなり、悪玉菌を減らしてくれる効果が期待出来ます。

不溶性食物繊維は、豆類、ごぼう、ブロッコリー、たけのこ、さつまいも、じゃがいも、キノコ類などに多く含まれています。

腸内で水分を含んで膨らみ、腸を刺激して働きを促します。

また、食物繊維とともに摂取することで高いデトックス効果が得られる栄養素には、魚介類や緑黄色野菜に含まれている亜鉛やセレンと呼ばれるものもあります。

ビタミンA、C、Eについてもデトックス効果が高いと言われています。

これらにはキレート作用と呼ばれるものがあり、外に出したい毒素と科学的に結合することによって、排出を促してくれるのです。

食物繊維と一緒に摂取することによって、高いデトックス効果を発揮してくれます。

上記の食物繊維が多く含まれている食材に気をつけてみると・・・

比較的ケイ素を多く含む食材が多いことに気が付きますね。

食物繊維を構成している元素はケイ素なんですね・・・

水溶性ケイ素を取り入れると、腸の繊毛運動を促進したり血流改善の効果で、いろんな組織の代謝が良くなるんです。

酵素を摂る

酵素は消化活動を正常に行うために、なくてはならない栄養素で、胃腸の消化活動と深く関係があるのは消化酵素です。

消化酵素の力によって消化機能を働かせることになります。

消化酵素が少ないと、消化機能が十分に働かずに、消化されなかった物質が悪玉菌のエサとなってしまいます。

消化機能を正常に働かせるためにも、食物酵素を摂取することが大切となり、摂取することによって食べ物の消化を高めることで、体内の酵素を活性化する働きが期待出来ます。

食物酵素が含まれている食べ物は、味噌や納豆、生野菜やフルーツなどです。

酵素を多く含む食材の摂取を心がけることで、便秘改善へと繋がっていきます。

腸内から便秘を解消して肌をきれいにしよう

 

肌を美しく保つためには、内側から綺麗にするということが必要なのです。

食事や水分補給など日々の習慣を改善し、便秘解消に向けて頑張ってみましょう。

便秘は短期間での改善は、難しいと言われていますが、便秘解消の食生活も気にしながら、肌荒れに効果があるスキンケア用品を使用して肌荒れ予防を同時に行うといいかもしれません。

便秘も肌荒れもどちらも改善して、体の内側も外側も美しくなるように頑張ってみましょう。。。

そんな頑張りにサプリメントとして身体の内側からケイ素は一役買ってくれます。

腸内の繊毛運動促進、デトックス作用、活性酸素除去など、お手伝いできる要素を含んでいます。

活用してみてはどうでしょうかw