ケイ素にはヘアサイクルや髪の毛への効果(育毛効果)あるのでしょうか?

何かと多き効能が確認されておりますケイ素(シリカ)ですが、

髪への効果、頭皮への効果や外用としての使用方法などにはどんなものがあるのでしょうか?

 

まずは、「髪の毛がしっかり、うぶ毛が太くなってきた。

白髪が黒くなってきた、抜け毛がなくなってきた!

なんて話も聞くことがあります。

この場合は短期には確認ができませんので、

ある一定の期間飲み続けた場合に、実感した事例です。

ですが、育毛剤を使用していても起こっている現象ですので特別不思議ではないのです。

毛髪を作る場所、毛髪のメラニン色素を作る場所は同じような場所ですので、

周辺の細胞(毛根)が活発になった場合には、起こりえる現象でしょうwww

 

ハゲ、白髪の主な原因は、毛根に栄養を運ぶ毛細血管が老化して、なくなってしまうことから起きる毛根細胞の栄養失調が原因と言われています。

又、頭皮脂腺から分泌された半流動性の脂肪性物質が年齢と共に多量に分泌され凝固し、毛根を埋めてしまい毛頭が出なくなって脱毛(ハゲ)になっていくことも原因の一つです。

水溶性ケイ素濃縮液を飲用し、成分がケイ素で出来ている血管細胞を強化し血管年齢を若返らせることで、毛根細胞に栄養素が入っていき毛根細胞が活発化すると考えられます。

あくまでもケイ素が毛髪になるということではなく、栄養を組織に届けやすくする、毛髪を作る細胞をアシストするといったベースに関するところに重要な栄養素といいうことです。

毛髪そのものの原料は、別の栄養素ですので、栄養分を効かせるのに必要で常用な役割を担っているということです。

又、頭皮にたまった脂肪性物質はケイ素で分解できます。

水溶ケイ素素濃縮液を希釈したものを頭皮にスプレーしマッサージすればきれいに溶解除去が可能となります。

酸化脂肪はなかなかシャンプーではクレンジングできないこともあるので、おススメです。

スプレーされたケイ素が他の栄養分等を伴っての浸透性がいいことによって、導入剤的な効果があることからトニック等と併用は非常に効果的となるのです。